充理塾の講師Blog 専任講師 荒堀 元樹

充理塾ホーム > 充理塾の講師ご紹介

充理塾専任講師 荒堀 元樹のブログ一覧です

2013年 電子機器が破壊される
| コメント(0) | トラックバック(0)

芦屋 充理塾で宇宙を考える荒堀です。

今日は理科に関する話題で攻めてみたいと思います。
いきなりですが、

「2013年5月に太陽嵐がやってくる!」

と、NASAから発表されました。

巨大な太陽フレアによる「ソーラーストーム」が地球に到達するのだそうです。

「で?」

って言うでしょうね、皆さん。

ソーラーストームがやってくると、クレジットカードやHDDのデータが破損したり、無線や携帯電話が使えなくなったりなどなど様々な電子機器が破壊されるそうです。
HDDに大事なデータを溜め込んでいる人は、何とか対策したほうが良いかもしれません。

150年前位にソーラーストームが来たときには、電線から火花が飛び散って燃えたりしたそうです。

~だそうです、~だそうです、ばかり書いていて、なんとも信憑性に欠けるネタではありますが、とりあえず用心しておくと驚かずに済みそうですね。
辻本先生の社会は
| コメント(0) | トラックバック(0)
毎度お馴染み、「甘栗」を食べながらスケボーで芦屋駅を目指す数学担当の荒堀です。

先日、辻本先生の社会の授業を後ろで見学していました。
私は大の社会嫌いで、嫌いすぎて今まで社会を勉強したことがありません。
受験のときも、社会なんて0点でええわ!と本気で勉強せずに挑んだぐらいです。

それぐらい社会が嫌いな私が、辻本先生の社会の授業を聞いていると、まるで赤子のように見るもの聞くもの全てが新鮮で、感動で潤んだ目とおっきくなっちゃった耳で聞き入っている自分がいるのです。

これは凄いことです。

さて、辻本先生の社会がなぜ面白いのかを説明します。
ここは誰もが知っているキン肉マンで説明しましょう。

辻:キン肉マンはな、敵にふっ飛ばされて場外に叩きつけられそうになったけど助かったんや。

辻:なんでやと思う?

生徒:クッションがあったから?

辻:ちゃうねん、ロビンマスクとラーメンマンが手を繋いでな、キン肉マンをつかんで飛ばされていくのを阻止したんや。

生徒:すげええ!

辻:これをなんて言うか知ってるか?

辻:「友情のシェイクハンド」って言うんや!

辻:あとコレも覚えておいてな、正義超人の手にはな、「友情ダコ」っていうタコがあるんや。

辻:正義超人は握手のたびに友情パワーを高めていったんや、その成長の証を掌に刻みつけたものが友情ダコや。

生徒:ほっほー!


こんな感じで、辻本の先生の社会の授業にはストーリーがあり、そのストーリーに吸い込まれ、知らず知らずのうちに社会の知識を習得しているという凄い授業なのです。
面白いし飽きないし、最高ですね。

今になって社会の面白さに気づいた荒堀でした。
継続 そして 達成
| コメント(0) | トラックバック(0)
毎度お馴染み、「コメッコ」を食べながらローラースケートで芦屋駅を目指す数学担当の荒堀です。

最近暑い日が続いていますね。
暑い暑い、暑ければ暑いほど、自転車通勤が楽しくなるものです。
1時間チャリをこぎ続けるのは、それはもう至福のひと時としか言いようがありません。

実は、このチャリこぎの精神というのは、勉強するときにとっても大事なんです。

強い日差しは難しい問題。
日差しが強ければ強いほど、問題が難しいということです。

チャリこぎの時間は、勉強する時間です。

どんなに難しい問題が出てきても投げ出さず、こぎ続けなければゴールに到達できません。
継続の力、あきらめない精神力、ゴールを目指して努力し続けるその様は、チャリこぎそのものではありませんか。

意外と1時間以上自転車をこぎ続けている人というのは少ないのではないでしょうか。
結構しんどいものです。
ちなみに、1時間以上なわとびを跳び続けるのも大変です。

「継続して目的を達成する」ことによる達成感、喜びというものを簡易的に味わえるのが、チャリこぎであったりなわとびです。
是非一度トライしてみてください。

鬼の合田
| コメント(0) | トラックバック(0)
毎度お馴染み、芦屋で「じゃがりこ」を食べながら芦屋駅を目指す数学担当の荒堀です。

ついに来ました!
待望の"鬼の合田"のCG画像が、トップページに登場です。
まるで本物かと思ってしまうようなクオリティーの高いCGですね。

これでようやく充理塾Webサイトが、三本柱で支えられて後光を発し始めると言うものです。

「信頼の塾長」・「理解の清水」・「鬼の合田」

この3つのキーワードが充理塾を象徴しています。
生徒との信頼関係を重視し、理解度を充実させ、そして鬼の合田です。
生徒の信頼関係があってこそ、理解度が充実し、そして鬼の合田なのです。

鬼の合田をその体で体験してみませんか?
戒め~匍匐前進~
| コメント(0) | トラックバック(0)
毎度お馴染み、芦屋で「チーズビット」を食べながら芦屋駅を目指す甲南中学数学担当の荒堀です。


皆さん、中間テストの結果はどうでしたか?
新しい学年になって初めてのテスト。
甘く考えていた人、しっかり準備していた人。
各々の心構えが、そのままテストの点となって現われていたのではないでしょうか。

結果の良かった人は、気を緩めず更なる結果を追い求めましょう。
結果の悪かった人は、期末テストで限界を超えて頑張って挽回しましょう。

もう後がない人も中にはいると思います。
最後のチャンスだと思って、気を引き締めて勉学に励んでください。
追い込まれた時というのは、計り知れない力を発揮できる、否、集中して努力できるものなのです。

「実は物凄い潜在能力を秘めている、もうすぐ能力が開花するんだ」
「やれば出来る、やらないだけ」

こんな言葉は幻想でしかありません。
努力が結果に繋がるのです。
現実を見て日々努力するのが最善策。

匍匐前進の精神や!
前の5件 1  2  3  4  5  6