HOME > 講師紹介 > 副塾長挨拶

充理塾 副塾長 清水 稔也 ご挨拶

 芦屋の地に充理塾を開塾してから、早いもので15年が過ぎました。世間の流れが非常に早くなっている昨今、私たちも日々変化していく必要があるのですが、その中でも変わってはいけないと心にとめている事がございます。

 まず第一にあげられるのは、「生徒第一主義」つまり、主役は生徒一人ひとりであって、講師ではないということです。

 学習塾や予備校に携わっておられる先生方に非常に多いのが、自分の授業の仕方が最もわかりやすく、授業についてくることができないのは生徒に原因があると安易に考えてしまうタイプです。授業に自信をもっていることはプロの講師として当然の事なのですが、結果生徒が置き去りになってしまうといったことがよくあります。生徒一人ひとり理解のスピードも違えば、わからないと思うポイントも異なります。充理塾では、すべての生徒に満足をしていただけるように講師一丸となって日々授業に取り組んでおります。

 第二には、基本をおろそかにしないことです。

 今学生の皆さんが将来社会に出たときに必要とされるのは、未知の問題に対応していく能力ではないかと思われます。科学技術がますます進歩していく中で、今までに直面したことのない問題に、いかに柔軟に対応していくことができるかが非常に重要です。学習のなかで培われる基本といったものは、普遍的なものであるとともに、汎用性があります。ただ、日々の学習の中ではそういったことにはなかなか気づくことができないものです。テストの点数を上げることも当然大切なのですが、なぜ基本は重要なのか、といったことを一人でも多くの生徒に気づいてもらえるように注意しております。

 学校を中心とした教育現場も大きく変化してきております。多くの学校で男女共学化の流れが進み、特進理数コースやグローバルコースといった、今までにはあまりなかったような学習コースが新設されています。また、大学受験の方式も大きく変わることが決定しており、多くの生徒ならびに保護者の皆様にとっては、不安なことだらけではないかと思います。

 私たちは、各学校の先生方と連携を取っていくことにも重点を置いておりますので、常に新しい情報を入手し、生徒や保護者の皆さんに安心していただけるような塾でありたいと思っております。

 これからも地域の皆様に愛されるべく努力してまいりますので、よろしくお願いいたします。

ALL GREEN GROUP
株式会社 充理塾
取締役 副塾長 清水 稔也

充理塾への入塾をお考えですか? 詳細はこちらから